北九州市立大学 中澤研究室ホームページ

中澤浩二

【略歴】

1997年 九州大学大学院 工学研究科 化学機械工学専攻 修了
      (博士(工学))
1997年 九州大学 工学研究院 化学工学部門 助手
2002年 北九州市立大学 国際環境工学部
      環境化学プロセス工学科 助教授
2008年 同学 環境生命工学科 准教授
2012年 同学 教授  (現在に至る)

 

【所属学会】

化学工学会、日本生物工学会、日本再生医療学会、日本動物実験代替法学会、
日本動物細胞工学会、高分子学会、化学とマイクロ・ナノシステム学会、肝細胞研究会

 

【連絡先】

〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの1-1
北九州市立大学 国際環境工学部 環境生命工学科
Eメール: nakazawa★kitakyu-u.ac.jp (★を@マークに変えてください)

 

現研究室(第15期)メンバー

職・学年

氏名

自己紹介

ポスドク

(学振特別研究員)

宮本 大輔

昨年度博士課程を卒業して、一研究者として第1歩を踏み出しました。まだまだ一人前には程遠いですが、世界で活躍する研究者になるべく日々楽しく研究しています。

博士1年

(社会人ドクター)

北野 温女

今年から社会人ドクターとして研究を行っています。研究室と会社に貢献できる良い成果を一日でも早く出せるように頑張ります。ちなみに飲み物ならコーヒー、野菜ならピーマン、動物ならタヌキと鳥類、アイアンマンのスーツならMark42、エヴァンゲリオンなら弐号機が好きです。

修士2年

郷 大輔

こんにちは!中澤研究室3年目の郷です。3年間、研究もプライベートも充実しています。最近、プライベートでは美容に目覚めてスキンケアや栄養についても興味があります。美容系ユーチューバーにも魅力を感じています。

修士1年

嘉村 一歩

中澤研究室に所属して1年間が立ちました。いいデータが出せるよう精進の日々です。かわいい後輩がたくさん増え、楽しく研究室ライフを送っています。基本的になんでも食べます。最近は忍者めしにはまっています。バスケサークルと軽音サークルの幽霊部員です。

修士1年

徳永 優斗

今年度から大学院へと進学したので、充実した研究生活を送りたいと思っています。2018年の私生活での目標は、貯金をする事です。ちなみに、アイアンマンのスーツならMark46が好きです。

学部4年

荒木 愛

今年から所属し、温かい先輩たちのご指導の下、研究に励んでいます。1日1個新しいことをしていきたいと思っています。とりあえず、サーフィンをしてみたいです。好きなものは日本酒とピーナッツチョコとかつ丼です。

学部4年

内野 凌弥

皆さんご存知、日本で最も住みよい街、福岡県大野城市出身です。趣味は旅行とスポーツです。水泳を8年間していましたが、昨年海で溺れかけました。研究室では優しくご指導してくださる中澤教授、先輩方や個性溢れる同期メンバーと共に、とても楽しい日々を過ごしています。

学部4年

小薗 花果

下の名前は、花果と書いて「はなか」と読みます。先輩方のご指導の下、毎日充実した研究室生活を送っています。まだまだ未熟者ですが、この研究室で逞しく成長したいと思っています。

学部4年

西坂 美紅

鹿児島出身でお酒とミニオンと面白いことが大好きです。お酒と面白いことのためならどこへでも行きます。超甘党で特にチョコレートを与えると喜びます。

学部4年

吉田 朱里

某アイドルグループのメンバーと同姓同名のよしだあかりです。女の子らしさは少し欠けていますが、研究室で毎日とても楽しく過ごしています。好きなことは、運動することと食べることです。現在は、食べることに力を入れています。とうもろこしと栗と海藻が好きです。

 

過去の研究室メンバー

平成29年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ博士3年(学振特別研究員)宮本 大輔幹細胞スフェロイドにおける微小培養環境の設計と分化修士2年太田 裕介共培養スフェロイド化手法を利用した肝細胞の高機能培養修士2年北島 辰哉マイクロウェルチップを用いた単球細胞の培養修士2年北野 温女単層/スフェロイド培養におけるNT2細胞の神...

≫続きを読む

 

平成28年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ博士2年宮本 大輔ミクロ培養環境と幹細胞分化特性の関係性修士2年山口 健太iPS胚様体を取り巻く酸素環境と分化特性の関係性修士2年横山 英雄共培養スフェロイド化技術を利用した肝細胞培養修士1年太田 裕介表面微細構造培養基板に対する細胞応答性の変化修士1年北島 辰哉培養環境が単球...

≫続きを読む

 

平成27年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ博士1年宮本 大輔ミクロ培養環境と幹細胞分化特性の関係性修士2年大野 恭平血管網を持つ組織を創る−三次元ハニカムスキャホールドを利用した生体様組織の構築−修士2年白水 聡之シミュレーションによるスフェロイド近傍の酸素環境解析修士1年山口 健太iPS胚様体を取り巻く酸素環境と幹細...

≫続きを読む

 

平成26年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ博士3年(学振特別研究員)古賀 晴香光応答性ハイドロゲルを利用したオンデマンド細胞アレイ化技術修士2年宮本 大輔胚様体形成法の違いがマウスiPS細胞特性に与える効果修士2年森京 貴志血管様ネットワーク構造を有する肝細胞スフェロイドの構築修士1年大野 恭平ハニカムスキャホールドを...

≫続きを読む

 

平成25年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ博士2年(学振特別研究員)古賀 晴香光応答性ハイドロゲルを利用したオンデマンド細胞アレイ化技術修士2年後藤 優希ハニカムフィルムを利用した細胞チップによる肝細胞培養修士2年白木原 愛応答性ゲルによるライブファブリケーションを利用した細胞組織体の形成修士1年宮本 大輔マイクロウェ...

≫続きを読む

 

平成24年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ博士1年(学振特別研究員)古賀 晴香光応答性ハイドロゲルを利用したオンデマンド細胞アレイ化技術修士2年原 拓也マイクロパターニング培養を利用したES胚様体間相互作用の研究修士2年吉野 陽文光触媒リソグラフィーを利用した細胞パターニング技術修士1年後藤 優希ハニカムフィルムを利用...

≫続きを読む

 

平成23年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ特任研究員吉浦 由貴子細胞チップ・デバイスの開発修士2年古賀 晴香CNT複合アガロースゲルを利用した段階的細胞パターニング技術の開発修士2年コウ キョウES胚様体サイズと細胞分化特性の関係に関する研究修士1年原 拓也ES胚様体間距離が細胞特性に与える影響修士1年吉野 陽文PEG...

≫続きを読む

 

平成22年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ特任研究員吉浦 由貴子細胞チップ・デバイスの開発ポスドク(学振特別研究員)堺 裕輔微小培養環境設計による幹細胞分化制御研究修士1年古賀 晴香CNT複合アガロースゲルを利用した細胞パターニング技術の開発修士1年コウ キョウES胚様体サイズと細胞分化特性の関係学部4年堀之内 裕太酸...

≫続きを読む

 

平成21年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ特任研究員吉浦 由貴子細胞チップ・デバイスの開発博士3年(学振特別研究員)堺 裕輔微細加工・表面修飾技術を利用した肝細胞スフェロイドアレイの開発修士2年吉田 詩朗In vitro神経分化におけるニューロスフェア形成とレチノイン酸刺激の効果学部4年古賀 晴香光応答性材料の開発と選...

≫続きを読む

 

平成20年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ特任研究員吉浦 由貴子細胞チップ・デバイスの開発博士2年堺 裕輔微細加工・表面修飾技術を利用した肝細胞スフェロイドアレイの開発修士2年飯野 豪規疎水表面プラズマ処理を利用した細胞パターニング技術修士2年新村 友佳子肝細胞マイクロパターニング形状と機能発現の関係修士1年吉田 詩朗...

≫続きを読む

 

平成19年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ博士1年堺 裕輔微細加工・表面修飾技術を利用した肝細胞スフェロイドアレイの開発修士2年田村 朋子マイクロチップを利用したマウスES細胞の分化制御技術の確立修士2年森 龍平微細加工・表面修飾技術を利用したニューロスフェアチップの開発修士1年飯野 豪規HDAC阻害剤に対する細胞応答...

≫続きを読む

 

平成18年度メンバー

職・学年氏名研究テーマ修士2年泉 由美子PDMSを用いた肝細胞パターニング技術の開発修士2年堺 裕輔微細加工・表面修飾技術を利用したスフェロイドアレイの開発修士2年樋口 亜未細胞機能アッセイのための細胞外マトリクス固定化チップの開発修士1年田村 朋子マウスES細胞チップを用いた機能性細胞への分化誘導...

≫続きを読む

 

平成17年度メンバー

職・学年氏名研究テーマポスドク(学振特別研究員)福田 淳二三次元細胞アレイ化技術を利用したバイオセンサーの開発修士1年泉 由美子PDMSを用いた肝細胞パターニング技術の開発修士1年堺 裕輔微細加工・表面修飾技術を利用したスフェロイドアレイの開発修士1年樋口 亜未細胞機能アッセイのための細胞外マトリク...

≫続きを読む

 

平成16年度メンバー

職・学年氏名研究テーマポスドク(知的クラスター研究員)福田 淳二スフェロイドチップの開発学部4年泉 由美子細胞接着性と機能発現に関する研究学部4年堺 裕輔微細加工・表面修飾技術を利用した肝細胞スフェロイドチップの開発学部4年田中 智子肝細胞スフェロイドチップを用いた薬物代謝活性の高感度検出table...

≫続きを読む

 

 
トップページ 研究テーマ 研究業績 研究室メンバー アクセス